トップページお知らせ太秦病院のご紹介太秦病院うずまさ診療所リクルートリクルート

聞く・話す・飲み込みセンター

聞く・話す・飲み込みセンターのご案内

当センターでは、聞こえにくい、声が出しにくい、話しにくい、ことばの発達が遅い、飲み込みにくいなどコミュニケーションや食事を行う上での問題に対して、相談、評価、助言、訓練を行います。

  • 対象:子ども~大人
  • 形態:1対1の個別指導
  • 時間:40分~60分/回
  • 費用:医療保険、子ども医療費受給者証をご利用いただけます。

話す、聞く、飲み込みのお困りをサポート
.

ご相談の流れ

電話予約
* 代表(075-811-7711)
* センター担当者直通(075-811-7745)
  ↓
問診・診察
* 外来の診療時間は、木曜日 午後です。
* センターは太秦病院3階にあります。
  ↓
必要に応じて検査を用いた評価
定期的に評価を行い経過の確認を行います。また、必要に応じて、教育機関や職場などへの情報提供を行います。訓練内容については家庭学習でも行っていただきます。

こんな症状に

ことばの遅れや発音の問題

 ・聴力検査で聞こえの確認
 ・知能検査、言語検査、構音検査等の実施
 ・必要に応じた訓練および家庭学習の提案

声が出しにくい場合

 ・医師が内視鏡等で、喉の状態を確認
 ・機器を用いての音響分析
 ・声の出し方の指導

飲み込みにくい場合

 ・質問紙で飲み込みの状態を確認
 ・必要に応じて嚥下造影検査等の実施
 ・飲食物の形態や食べ方の工夫について提案・指導

聞こえにくい場合

 ・聴力検査で聞こえの確認
 ・ことばの聞き取り検査等
 ・補聴器・人工内耳の調整
 ※場合によって、補聴器・人工内耳取り扱い業者の同席があります

防音室

乳幼児の聴力検査、幼児用の遊戯聴力検査、成人の聴力検査、また補聴器や人工内耳を装用した上での聞き取り検査を実施することができます。

言語訓練室(3室)

子どもから大人の評価・訓練等を行います。

プレイルーム

集団訓練に対応できるよう、訓練室とは別に広い空間となっています。

観察室

保護者にお子様の訓練の様子を観察いただくこともできます(訓練室3およびプレイルームの見学)。

音響分析

声の途切れやかすれ、ガラガラ声など、声の質を見て確認することができます。

嚥下造影検査(曜日限定で実施)

造影剤の入った食品を食べてもらい、誤嚥の有無や安全な食事形態、食べ方の確認を行います。

当センターの取り組みへの理解と協力のお願い

当院では診療機関の役割を果たすとともに、医療に関する研究・教育機関としての機能も担っています。

1.研究機関として

受診者の情報や検査データを学問研究に用いることがあります。発表にあたっては、個人が特定されないよう匿名化を行い、プライバシーには十分な配慮を行います。

2.教育機関として

実習生の受け入れを行っています。学生へ臨床体験をさせることで、将来言語聴覚士として、医療・福祉・教育の分野で幅広く活躍できる人材の育成を目座します。なお、学生が検査等を実施する際は、担当言語聴覚士がその場に同席して、当該学生への指導・監督をします。
当院が、診療機関であるとともに、教育・研究機関であることをご理解いただき、当院における取り組みにご理解をいただきますようお願い申し上げます。

社会医療法人 太秦病院
〒616-8083
京都市右京区太秦安井西沢町4番地13
リハビリテーション科 聞く・話す・飲み込みセンター

言語聴覚士 舘幸枝(やかたゆきえ)
センター直通:075-811-7745
E-mail:yakata.yukie@uzumasahp.jp